カオシュインターナショナルプラザのオススメポイント4つ


高雄(カオシュン)に滞在するのに、日本へ出発する飛行機がほとんど早朝の為、ホテル選びに困りました。空港から近いほうが良いのか、街中が良いのか悩み結果空港から近いホテルを選びました。ですが、このホテル何気に良かったのでリポートします。

カオシュンインターナショナルプラザ(高雄国際会館・Kaohsiung International Plaza)


空港から徒歩10分と記載がありますが、MRT高雄国際空港駅の1番出口から徒歩10分ぐらいです。徒歩の場合は空港からMRTの地下道を通ってホテルまで向かいます。タクシーでもあっという間です。お隣は大学です。階段のところがホテルの入口となります。

アメニティ充実!



ミネラルウオーター(無料)、冷蔵庫、バスアメニティ、ドライヤー、テレビ、Wi-fi、歯ブラシ、バスタオル、フェイスタオル、スリッパ、ティッシュなど。ここのバスアメニティは箱に入っておりまして、このようにかわいいのです。ロク〇〇〇のハンドクリームのような感じになっています。

金庫の準備はありません。

オススメポイント、メリット

空港から近い!


何といっても空港の出口から出て、徒歩15分の立地は近いと言えます。タクシーなら5分ぐらい。早朝にチェックインしなくてはならない便なら、空港から近いほうが利便性が上がります。

空港から近いのにうるさくない


空港から近いと飛行機の離発着が多いのでうるさいイメージですが、ここは全然うるさくありませんでした。寝るときになって中国人か台湾人かわかりませんが大声で扉を開けたまま話をし、扉をバタンバタンと閉めるものでそれだけがうるさかったです。我慢できなくなって、直接クレームをつけましたがその後は静かになりました。

MRTの駅が近いので街に出やすい


MRTの駅まで10分ぐらいなので、そんなに遠くも感じませんでした。MRTも2本だけなので迷うこともほとんどありません。

外観は・・・でも中に入るとすごい豪華


外観はうーん・・・っていう感じなのに、中は本当に豪華!入口も変えたらいいのにと感じました。内装は本当に綺麗なホテルの施設です。

デメリット

シャワー室の扉が・・・

シャワーを浴びた後に気付いたのですが、シャワーに入るときに扉を引き、出るときは扉を押します。シャワー室が広くはないので、扉にも水滴がついてますが利用後に扉を押すと、床が濡れてしまいます・・・。これすごく残念ポイント。そこまで考えた設計ではないということです。

ビューは期待できない


周囲は大学の建物があり窓の外は全く期待できません。また周辺もそんなに明るい訳ではないので、夜景という風景はほとんどありません。

扉の閉まる音がうるさい


扉がゆっくり静かに閉まる訳ではなく、バタンと勢いよく閉まってしまいます。その時の音がすごく大きいのでゆっくり閉めるようにしましょう。

嬉しい配慮が・・・

朝食付きプランにしたのですが早朝便の為、朝食にはありつけず・・・ということになってましたが、チェックイン時に出発時間を聞かれ、朝食の弁当を準備して頂けることになりました。本当に嬉しい!

それがこちら!


味は・・・。サンドイッチとサラダとドリンクでしたが、サンドイッチのパンがイマイチでした。ですがそんな心遣いが日本と少し似ていると感じ、大変ありがたかったです。

早朝空港に行くには?


MRTの通路が早朝便のチェックインの時間には空いていなく、タクシーで向かったほうが良いとホテルのスタッフから教えて頂き、タクシーを手配して頂きました。

金額は150N$です。深夜料金でこの金額は安いです。2018年9月の相場では、日本円にして600円です。

まとめ


台湾にも安くていいホテルが増えてきたように感じます。以前よりも接客スキルも上がっており、安心して過ごせました。またこちらのホテルは台湾首府大学が経営管理を行っています。ミネラルウォーターもその大学名が入っていました。

空港から近いという利便性を活用したいいホテルでした。

コード スニペットをコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です