新島・湯の浜露天温泉を満喫する5つの方法


新島にある温泉施設、湯の浜露天温泉。島に来てまで温泉が楽しめるなんて思ってもみませんでしたが、さすが島国火山国家である日本。この施設を楽しむ方法をまとめてみました。

湯の浜温泉基本情報

施設内はどんなものがある?

施設は、駐車場・下駄箱・男女別更衣室・ロッカー(有料)・シャワー(温水は有料)・自販機があります。

料金はいくらか?

ここの温泉は無料なんです!ですが、ロッカー・温水シャワーはともに100円かかります。この2つを利用すれば実質200円かかることになります。

営業時間は?

24時間営業です。早朝や夜遅くに行っても、温泉に入浴ができます。

入浴方法は?

男女混浴の為、水着着用です。備え付けのシャンプー・リンス等はありません。各自準備が必要です。

湯船は何種類?

一番上から、下段まで6種類あります。泉質は同じですが、若干温度設定が異なるようです。一番上の湯船は一番熱かったです。

満喫の仕方

他の施設と違い、カメラの持ち込みが出来る


温泉では盗撮防止のため、浴場内にカメラを持ち込むことは禁止されています。たまに見かけますが、マナーやルールを守らない旅行者にはなりたくないものです。ですがここでは水着着用の為、撮影が可能。ただし、リラックスしている方もいますので、注意を受けない程度に撮影しましょう。本来の目的は撮影ではなく、温泉の良さを感じることでしょうから。

大自然の風景を一望できる


海に囲まれている為、海の景色が一望できます!この景色を独り占めしながら温泉を満喫するのもいいかもしれません。

足湯もある

温泉に浸かれない方は、施設内に足湯もあります。

温泉の温度が様々


先程記載しましたが、温泉の温度が湯船によって若干違いがあります。好みの温度をみつけて楽しむ事ができます。

海で泳いだ後にも利用するができる

冷えた身体を温泉で温めるのは丁度いい施設です。ただし砂まみれの場合はきちんとシャワーを浴びてから利用しましょう。

注意点

湯の浜温泉の更衣室シャワーの利用方法

初めて行く方はわからないと思い、利用方法を教えます。

コインを入れないと、基本水しか出ません。水シャワーは無料で使用が可能です。

コインは100円玉を用意して下さい。他のコインを入れると故障の原因になります。


ここがコインを入れる場所なのですが、蓋の部分を横にスライドします。

そうするとなにやら穴があいているのですが、どこに入れるのかわからずその場で立ったまましばらく考えました。スマホの明かりを照らしてみたところ・・・


ありました!ここに入れるんですね。わからないよ!って思いながらコインを入れてお湯のシャワーを出しました。

残念な事に、すぐに温まりませんのでしばらくは水シャワーですが徐々に出てきます。

実質100円で5分ぐらいしかお湯が出ていなかったように感じます。夏の利用だったので温まるのが早かったとは思いますが、冬はもう少し時間がかかるかもしれませんね。

ここのシャワールームは3つあります。こちらでならシャンプー・リンスは持ち込みですが利用は可能です。

まとめ


公共施設なので、みんなが快適にそしていつまでも利用ができるように楽しみましょう。そして船の発着場所にとても近いので、ギリギリまで楽しめそうです。新島に訪れたときに利用してみてはいかがでしょうか。

コード スニペットをコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です