宇治の茶団子3店舗を比較してみた!


お茶で有名な宇治。先日訪れてみてみましたが、茶団子は食べたほうが良いということで購入してみました。

全部有名店で味の比較をしてみたのですが、味の違いに驚きました。

全て美味しかったのですが、あとは味の好みなのかと・・・。

是非参考にしていただければと思います。

今回はこちらの商品を紹介します!

ラインナップ


①茶だんご 京阪宇治駅前 駿河屋

②大茶万本店

➂通圓

この3軒は駅前に店をお隣同士で構えており、味を競うにはなかなかすごい環境なのかも・・・。この3種類を比較することにしました。

大きさ


開封しまずは並べて大きさを比較します。各店大きさもやや違いがあります。1粒直径1.5cmぐらいから3cmぐらいです。一般的に販売されているだんごよりも本当に小さいです!もっと大きいと思ったのですが、通圓さんのものは一口でいけそう。

左から駿河屋・大茶万・通圓です。


並べてみてわかったのですが、色も本当に違う!こうして並べてみると各店の違いが本当わかります。通圓、色が濃すぎます。お茶をしっかり使ってますアピールがなかなかいいですね(笑)

価格は?


価格も様々で、1本から箱で販売しているものと様々です。今回はこちらを購入しました。

茶だんご 京阪宇治駅前 駿河屋  5本入り480円

大茶万本店  10本入り648円

通圓  10本入り540円

1本バラの場合は、日持ちしないのでその場で食べるかご近所さん向きであり、箱の物は賞味期限が3~5日ぐらいです(各店によります)。

もちろん、沢山入っているものもありますよ!今回は箱で最小単位の物を購入してます。

味は?


さて肝心な味なのですが、あくまでも個人的な味覚の観点なので全ての方に当てはまるわけではありませんからご注意下さい。

茶だんご 京阪宇治駅前 駿河屋

だんごの甘さが先に来るが、ほんのり後からお茶の味がやってきます。甘さは丁度良い感じ。だんごの柔らかさも良い。バランスよし!

大茶万本店

だんごの甘さが強め。お茶の味は少しだけ感じるものの甘さが勝ってしまうしまう感じ。だんごの柔らかさも良く、一番伸びが良かった。もちもち!

通圓

お茶の味がしっかりしている。この3つの中では断トツ!甘さは最後に感じる程度で、お茶を食べているような苦みがしっかり残る感じ。一口で食べれる程よい柔らかさ。

まとめ


こうして茶だんごと言っても、本当に各店様々でありどれも美味しかったです。個人的に好みだったのは駿河屋さんのものでした。できれば駅前の駿河屋さんとは全く別の駿河屋さんの茶だんご(串にささっていない茶だんご)も食べたかったのですが、あいにく定休日でした・・・。また機会があれば宇治に訪れ味の比較をしてみたいと思います。

コード スニペットをコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です