新島まで2万円で行けるか調べてみた!

こんにちは!

今回は新島まで日帰りで安く行ける方法を調べてみました。

東京都である新島。初夏になるとJRさんが新島・神津島などの旅行PRが始まり一度は行ってみたいと思っているんですよね。

だが交通手段もだいぶ限られており、なかなか行こう!!とはいかない場所でもあります。東京都で生まれて早四十数年・・・。同じ東京都なのに未知の場所です。

新島までの交通機関は?

①飛行機

②船

島に行くので当然の交通機関です・・・。この2種類です。

新島までの所要時間といくらかかるか?

①飛行機

新中央航空が運航しています。1日あたり往復で計8本で、フライト時間は約40分です。金額は¥14,100(片道)。往復運賃もありますがGW・夏季期間・年末年始は対象外。往復運賃は¥25,700。発着地は調布です。

でも残念。往復で2万円以内には収まりません・・・。

②船


東海汽船が運航しています。船は前日の深夜に航行するする客船と、ジェット船があります。

まずは客船ですが、金額は一番安い2等で¥7,180(片道)。シート席と横になれる和室があります。シート席は飛行機の座席と似たようなものです。希望であれば女性優先席があるようです。和室はテープで仕切られているだけです。

参考までに、

特等¥20,110

特1等¥17,240

1等¥14,370

特2等¥10,780

特2等までベッドと毛布があります。2等は毛布の準備はありません。

時間は、約8時間半・・・。

ジェット船

一律の金額で¥10,250で約3時間。

※2017.8月現在の料金です。

夏休み期間中は、やはり遊びに行くのに適しているので高めの設定。

そして2等でないと2万円以内には収まりません。

しかし9月・10月からはぐっと安くなります。季節・燃料費の変動により金額が変わりますがお財布にやさしい金額にもなります。

客船  8月→9月→10月の順

特等¥20,110→¥16,090→¥15,870

特1等¥17,240→¥13,790→¥13,600

1等¥14,370→¥11,490→¥11,330

特2等¥10,780→¥8,620→¥8,500

2等¥7,180→¥5,740→¥5,670

ジェット船 8月→9月→10月

¥10,250→¥8810→¥8690

インターネットで申し込みをすればもう少し安くなります。

一番早く完売するのは、客船の2等の和室です。

新島の滞在時間はどのぐらい?

①飛行機(シーズンにより時間変更あり)

始発便 調布発 8:30→9:10

最終便 新島発 16:55→17:35

30分前には手続きが完了していないといけません。6時間半ほど滞在が可能です。

②船(シーズンにより時間変更、運航なしもあり)

前日の深夜便に乗船し翌朝到着。往復客船同士は2時間半ぐらいしか滞在できません。まずこの組み合わせは、何日か宿泊した人向けです。

往路深夜乗船翌朝到着、復路ジェット船。8月は8時間、9月は6時間半、10月は5時間から6時間ぐらいです。

往路客船・復路飛行機が一番滞在時間が長いです。この組み合わせは9月以降に良さそうです。

新島も日帰りは出来そうです。

まとめ

往復客船 ¥14,360(2等の場合)

往路客船・復路ジェット船 ¥17,430

往路客船・復路飛行機 ¥21,280

往復ジェット船 ¥20,500

往路ジェット船・復路飛行機 ¥24,350

往復飛行機 ¥28,200

身体が楽なものほど高額にはなります。往復客船と往復飛行機の金額差は倍でした。往復飛行機日帰り=往復客船+新島に1泊はあまり変わらないです

往復で2万円以内なら

ぜひ行ってみたいと思います!

コード スニペットをコピー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です